2.帳票初期設定

設定するページ
  1. メニュー
  2.  > 基本情報管理 > 帳票初期設定

画面左側のメニューから「基本情報管理」をクリックし、基本情報画面に移動します。
帳票初期設定」をクリックし、帳票初期設定画面を開きます。

基本情報管理画面
基本情報管理画面

帳票初期設定画面

会社情報

帳票に表示する会社情報を入力します。

帳票表示の例
帳票表示の例
会社情報の設定
会社情報の設定
1会社ロゴ画像 実寸 約9ミリ(縦)×62ミリ(横)の会社ロゴを登録できます。
登録方法は番外編へ
2社判画像 実寸 約19ミリ×19ミリの会社角印を登録できます。
登録方法は番外編へ
3連絡先 会社情報を連絡先に4行まで登録できます。
内容を変更するとプレビューに反映されますので、バランスを確認しながら入力してください。
(最大文字数 全角27文字、半角48文字)

振込情報(請求書)

請求書に表示する振込情報を2行まで入力できます。(最大文字数 50文字)
26文字を超えると改行されますので区切りのいい場所で改行したい場合は改行したい場所に全角スペースを入れてください。

振込情報の設定
振込情報の設定

摘要

摘要の設定
摘要の設定
1項目名 摘要欄の項目名を表示します。自由に編集ができますので 必要に応じて項目名を変更してください。入力制限は以下の通りです。
 入力可能文字⇒制限なし
 最大入力可能文字数⇒4文字
2初期値 摘要欄の内容を登録します。摘要欄の初期値を入力することで見積作成時の手間が省けます。入力制限は以下の通りです。
 入力可能文字⇒制限なし
 最大入力可能文字数⇒20文字
3注文書に表示 注文書に表示する項目を選択します。
不要な場合はチェックを外してください。

帳票出力

帳票出力の設定
帳票出力の設定
1帳票方向 帳票の出力方向を選択します。(※選択必須)
2デジタル捺印 「社判」および「担当者名から自動生成した電子印」を押印するか選択します。
《捺印あり》を選択した場合、見積発行時に社判、担当者および承認者印が押印された状態でPDF出力します。
初期設定値は《捺印あり》です。(※選択必須)
3ランダム捺印 帳票に押印される担当者印の位置を選択します。
《有効》を選択した場合、手で押したようにランダムな位置に押印します。
《無効》を選択した場合、毎回決められた形式で押印します。
初期設定値は《有効》です。(※選択必須)
4PDFパスワード PDFファイルを編集する際のパスワードを入力します。(※入力必須)
システム管理者以外のユーザーにパスワードを開示すると、自由に編集可能になるため取扱いにご注意ください。
5取引先敬称 初期値を入力してください。見積ごとに変更可能です。

税計算方式

消費税率、端数処理について入力してください。

税計算方式の設定画面

最後に右下の「更新」ボタンを押すと登録完了です。

見積書サンプル

見積書サンプル

請求書サンプル

請求書サンプル